地域生活支援センターこねくと

コンセプトConcept

地域生活支援センターこねくととは?

地域生活支援センターこねくとは、直訳すると「人に才能・素質を与える」という意味ですが、私たちは「人には本来与えられている可能性があり、一人ひとり本来持っている可能性を活かし、自分が望む生活を実現するお手伝いをしていきたいという願いを込めました。

コンセプト

地域生活支援センターこねくとコンセプト

これまで障がいがあることで制限され、経験をする機会が与えられてこなかったことにより出来ないと判断されてきたことも多いと思います。
その様な方々に対して、選択肢を提示し、経験する機会を持ってもらい、成功することだけではなく失敗することも含めて、自分自身でできることと支援を必要とすることを経験を通して知っていただくためのお手伝いをしていきたいと思っております。
私たちEndueは、利用される方々が力を付けていくための経験する権利を守るために、「今行うべき支援」と「見守り後押しをしていく支援」を見極め、本人を中心とした応援団の一員となれる組織づくりを目指します。
そして、本人が主人公となるための力(エンパワメント)を付け、「自分が望む」「自分に合った」地域生活を送るための一助となれることを目指しております。

ロゴに込めた思い

ロゴの中心に「+」プラスを置き、「あなたの暮らしにプラスを与えます」という意味を込めました。風車のように見える全体のイメージはエンデューをプラスすることで、関わる皆様がより良い方向に回り始めて欲しいという願いを込めています。

沿革

2017年01月07日 (株) Endue 設立
2017年04月01日 コネクト山の手 開設(定員6名)
2017年09月01日 コネクト元町  開設(定員2名)
2017年10月01日 コネクト元町 増室(定員8名)
2018年01月01日 コネクト元町 増室(定員11名)
2019年01月20日 コネクト山の手 増室(定員7名)
2019年03月15日 コネクト平岸 開設(定員5名)
2019年10月20日 コネクト平岸 増室(定員7名)
2020年04月01日 社会福祉法人緑伸会と事業統合

会社概要

地域生活支援センターこねくと 会社概要
法人名 社会福祉法人 緑伸会
こねくと所在地 札幌市西区山の手2条4丁目5番16号アミテイエ山の手2F Google mapはこちらから
管理者 小貫 晃一
職員数 8名
電話番号 011-641-5700
E-mail info*endue.jp
(*をアットマークに変更して送信)

アクセス